信楽・窯ヶ谷[三平陶房]

土と炎の芸術-信楽焼-その美しさは時空を超えて!

20133_01.png

2019年 
〖 瑞 気 亥 歳 〗

元年10  神無月(かんなづき) 

私らしく、生き生きとあたらしく、こころざすとき顔の見える自分らしさでいたい。

振り返ると今年の夏のは厳しかったというより暑さと異常気象で、
心身ともに力を無くし気味でしたが、夏の名残の中にも深まる秋に向かって、
清々しさと楽しい実りが待っています。
秋の澄んだ空気の中、キツツキの木を叩く音が聞こえてきます。
路傍の秋草が可憐な花をつけ、木犀のかぐわしい香りが漂う季節となり、
虫の鳴き声もいつしか細々として、
一段と秋の深まりが感じられるようになりました。
秋の夜長の落ち着いた静かなひと時、自分を見つめ直したり、
本を読んだり、音楽を聴いたり・・・・・・・。
そんなゆったりとした時間が似合う時節です。
朝晩の冷え込みが増す昨今、体のコンディションにきをつけて、
体調管理を万全に !!
「柿熟れて
      絵になる里の       
             夕茜 」 小蝶     

「越えた坂  過去美しく  なつかしく」   小蝶  

「さまざまに  悲喜乗り越える  年輪美」   小蝶  



指の先 名曲無我となる調べ





「心のある風景」
  日常のほんの些細な出来事が、大切な何かに気づかせてくれることがあります。
 それは、心に響くあたたかなぬくもりに触れたとき、日々の暮らしのなかで、                
 ほんの小さな出会いのなかで、人を思いやる大切な心を見たような、
 そんな気持ちになったとき。

『さまざまに   悲喜乗り越える   年輪美』 [冨岡正義]

H .P
B_Sun.gif新しいホームページが出来上がりました。LinkIcon三平陶房の心の歳時記

image1.jpeg孫の作品 IMG_1186.JPG

SANPEITOUBO HP CONTENTS

牛蒡の花

ずっと遠い昔からたくさんの喜び、ときには悲しみを、そして大きな未来への希望を見つめてきた町・信楽で陶芸に取り組む「窯ヶ谷の三平陶房」。 土と炎の芸術ー土と人との出会いを大切に創作する三平の手作りのやきもの.

LinkIcon信楽陶芸トリエンナーレ 版築椅子動画
「版築椅子ーおしりあい」
信楽まちなかまるごとアート活動で、陶芸に深く関わる「土」によるオブジェ・版築という工法を使った椅子(ベンチ)の制作風景の様子。

LinkIcon三平陶房の仏像

digitalstage_0004.jpg

CIMG0708.JPG焼き物の里窯ヶ谷三平陶房LinkIcon三平陶房HP

CIMG1464.JPG紫香楽宮 万葉人形 三平陶房で制作中

IMG_1176.JPG 三平陶房の干支酉置物へ

CIMG1178.JPG三平陶房の蚊遣り器へ